ソーサリアン ロゴ
SCENARIO
イメージイラスト
■ 呪われたクイーンマリー号 ■


 ぼくのおうちはお船です。
 クイーンマリー号っていう、大きな貨物船で、海賊と戦う大砲もついてます。
 ぼくのお父さんは船長です。
 ぼくはお父さんが大好きです。

 船には、たくさんの水夫が乗っています。
 キリーおじさんはお父さんよりも年上で、海のことなら何でも知っています。
 いつもお菓子をくれる優しいおじさんです。
 ボブは力持ちです。
 ニシンの塩漬けが詰まった樽を、ふたついっぺんに持ち上げることができます。
 アンドリューは、ちょっと意地悪です。
 夜、ぼくが甲板に出ていると「早く寝ないとセントエルモのおばけが出るぞ」と言っておどかします。
 でも、ぼくはアンドリューが嫌いではありません。

 アンドリューと仲よしの水夫で、デビッドという人がいました。
 いつの間にかいなくなってしまって、もう会えません。
 ぼくは、さよならも言えませんでした。

 デビッドがいなくなってから、お父さんは、ぼくに「船を降りなさい」と言うようになりました。
 ぼくは、お父さんとクイーンマリー号が大好きなので、いやだと言いました。

 それに、ぼくは知っているんです。
 内緒ですが、本当はデビッドは死んでしまったんです。
 キリーおじさんとボブがこっそり話をしているのを聞いてしまいました。
 「殺された」って言葉を聞きました。

 いったい誰がデビッドを殺したんでしょう。
 ぼくは友達のチャッピーと一緒に『ちょうさ』することにしました。
 チャッピーはインコだけど、とっても頭がいいんです。
 きっと『しょうこ』を見つけると思います。

 もういちど言いますが、ぼくはクイーンマリー号が大好きです。
 だから、早く元の楽しい船に戻って欲しいと思います。
 大きくなったら、ぼくも船乗りになって、お父さんやみんなと一緒に働きたいです。
画面写真

[BACK][NEXT]

[TOP] [FEATURE] [SCENARIO] [DOWNLOAD] [ORDER] [SUPPORT]

Jump to Falcom Home Go to Mirror Site
Go to Primely Site
2000 Nihon Falcom Corporation