ソーサリアン ロゴ
SCENARIO
イメージイラスト
■ メデューサの首 ■


 メデューサ。
 蛇の頭髪を持つ女の上半身に蛇の下半身。
 その眼光に捕らわれたものは、一瞬にして石と化す。
 あまりにも有名なこの魔族の始まりは、意外にも可憐な乙女である。
 少女メデューサは輝くばかりに美しかった。
 ことにその黒髪は、ぬばたまの夜空を映すようで、数多くの男たちの賞賛の的となっていた。
 ある日、愚かな男のひとりが言った。
「君の髪は神々の庭園に住まう女神の髪よりも美しい」
 世の中を知らない少女は、その言葉を『自分は女神よりも優れた人間だ』という意味に受け取った。
 たしなみと思いやりを忘れ、多くの人々に対して傲岸な女王のように振る舞った。思い悩んだ両親が意見しても、鼻で笑うばかり。
 少女の様子を神々の庭園から見守っていた女神は、大分長いこと我慢していたのだが、とうとう怒りを抑さえきれなくなった。
 少女の思い上がった心は、その美しさにふさわしくない。
「おまえに似合う姿を与えよう」
 女神の声が天上から降ってくるのと同時に、少女メデューサの姿は二目と見られぬ醜い姿に変わった。
 艶やかな黒髪は不気味な輝きを放つ鱗を持った蛇に、しなやかな両足はひとつに絡んで長い蛇の尾になった。
 あまりのことに恐れおののいた少女は、両親の元へ逃げ込んだ。
 だが、娘の変わり果てた姿を目にした両親は、恐怖のために石に変わってしまった。
 怪物となったメデューサは、怪物として生きるしかなくなった。
 長い尾を引きずって地の果てへ赴き、多くの魔族たちに混ざって暮らした。
 やがて年月がたち、子孫が増えて、メデューサはよく知られる魔族となった。

「着きましたね、おっしょうさま。ここがメデューサの生まれ故郷ですか?」
 ペンタウァから少し離れた村の入り口で、カレンは汗ばんだ前髪をかきあげた。
 奇しくも少女であったメデューサと同じ年頃の、快活な新米冒険者である。
「うむ。いやしくもメデューサハンターになろうというなら、その歴史を知っておかねばならぬ」
 初老の師匠は、分厚い書物を広げながら胸を張った。
 カレンのような小娘相手に偉ぶっているところが、少し子供っぽい。
 それでもカレンは、この調子のよい師匠が嫌いではなかった。
 怪しい蘊蓄を振り回しながら先に立って歩く師匠に従って、村の中に入る。

「やや!?」
 村の広場に達したふたりは、辺りの光景に絶句した。
 そこここに立ち並ぶ石像の群。老若男女を象った精巧な像だ。それら全ての表情は恐怖のために凍りついている。
 カレンは思わず師匠の腕にしがみついた。
「いかん、カレン! 目をつむれ!」
 突然、師匠が叫ぶ。言われるままに目を閉じると、師匠の腕がみるみる冷たく固くなった。まるで石のように。
「走れ、カレン……足下の影を見て走るんじゃ……前を見ては、なら、」
 師匠の言葉は途中で固まった。

 カレンは言われるままに駆けだした。
 すぐ後ろで無数の蛇がしゅうしゅうと息を吐く音が聞こえる。
 メデューサがこちらへ向かってくるのだ。
 まさか、こんなことになろうとは。
 カレンは、迫り来る危機におののきながら、ひたすら走るしかなかった。
画面写真

[BACK][NEXT]

[TOP] [FEATURE] [SCENARIO] [DOWNLOAD] [ORDER] [SUPPORT]

Jump to Falcom Home Go to Mirror Site
Go to Primely Site
2000 Nihon Falcom Corporation