ソーサリアン ロゴ
SCENARIO
イメージイラスト
■ 不老長寿の水 ■


 この冒険に出る前に、私には書き残しておかなければならないことがある。
 と言うのも、今回ばかりは帰ってくる自信がないからだ。
 これまで私は数多くの冒険に成功し、戦士として名を馳せ、ペンタウァ王の信頼を得てきた。
 今日、『不老長寿の水』を取ってくる大役を仰せつかったのも、私が王国で最も強い戦士だからだ。

 しかし。
 不老長寿の水があるダンジョンは、人間の身では制覇できないかもしれない。
 かのダンジョンには心臓があり、血管が通り、神経のようなものまで巡らされている。
 ダンジョン自体が意志を持つひとつの生命体だと言ってよい。
 それは、天地創造の神が作った巨大な防犯装置だ。
 いずれ死にゆく運命を持つ人間の身で、神の領域である不死の水を盗み出すことなど、許されるのだろうか?

 それでも私は行かねばならない。
 今、ペンタウァの土地が痩せ、作物が実らなくなってしまった。
 命を失いつつある大地に生気を取り戻すには、どうしても不老長寿の水が必要だ。たとえ神の怒りを買おうとも。

 私の後を追ってくる諸君よ。
 この手紙が開かれたということは、私はもうこの世のものではなくなっているようだ。
 君たちは、私の代わりに不老長寿の水を手に入れなくてはならない。
 君たちがだめなら次の冒険者が、それでもだめならまた次の冒険者が、何としてもこの大役を果たさねばならないのだ。

 そこで、私が冒険に出るにあたって準備したことを書き記そう。
 以下が成功の理由となるか、失敗の原因になってしまうのか、それはわからない。
 だが、後に続く者たちの指針になることは確かだろう。
 これを読んでいる諸君もまた、次の者のために記録を残すよう希う。

1.パーティの先頭には罠解除技能を持った者を置く

2.HEAL、CURE、STONE FLESH、MELTの魔法か薬草を必携する

3.EXITの魔法を覚える

4.技の未熟な者は連れて行かない

 以上。
 君たちこそ、不老長寿の水を持ち帰れる者たちと信じる。


私の後に続く諸君へ
王国の礎となった戦士より
画面写真

[BACK][TOP]

[TOP] [FEATURE] [SCENARIO] [DOWNLOAD] [ORDER] [SUPPORT]

Jump to Falcom Home Go to Mirror Site
Go to Primely Site
2000 Nihon Falcom Corporation