ソーサリアン ロゴ
SCENARIO
イメージイラスト
■ 失われたタリスマン ■


 乙女の爪はエメラルドで出来ているようだった。
 爪だけではない。全身が若芽のような緑色だった。
 艶やかな指先には、金色のタリスマンが輝いている。

……これをあなた方に。いつまでも凍えることのないように。

 乙女は、長い長い緑色の髪をたなびかせて去っていった。
 木々の間をすり抜ける風のように。

 かのタリスマンについて伝えられている話といえば、そんな短い神話がひとつきりだ。
 緑の乙女とは、下級の神か精霊と考えられているが、ペンタウァを守護する神体系の中に、彼女らしき姿はない。

 しかし、タリスマンはもたらされ、大地は繁栄した。
 そもそもペンタウァは、岩と砂ばかりの荒れ果てた土地だった。
 黄金の台座に安置されたタリスマンは太陽を受けて輝き、命の光を八方へ投げかけた。
 枯れた土から若芽が次々と吹きだし、やがて森になった。
 タリスマンの周りでは、いつも小鳥たちが生命の歌をうたっている。
 以来、人々は凶作も災害も知らない。

 そのペンタウァに、季節を無視した雪が降っている。
 暦はすでに6番目の月。神々の女王が幾千万の花を咲かせる月だ。
 アカデミアの資料にも、この時期に雪が降ったなどという記録はない。
 開きかけた多くの花びらが凍りつき、木々の梢には樹氷が光っている。

 タリスマンに何かが起きている。
 人々の願いを受けて、あるソーサリアンたちがタリスマンの森へ向かった。
 その途端。
 足下にうずくまっていたブナの若木が、みるみるうちにひと抱えはあろうかという大木に成長した。
 目を疑うソーサリアンたちの耳に、低い祈りの声が聞こえてくる。
 不快な鐘の音と共に、蝿のうなりにも似た邪悪な響きが大地を這ってきた。

 タリスマンを守らなくては。
 ソーサリアンたちは駆けだした。
画面写真

[BACK][NEXT]

[TOP] [FEATURE] [SCENARIO] [DOWNLOAD] [ORDER] [SUPPORT]

Jump to Falcom Home Go to Mirror Site
Go to Primely Site
2000 Nihon Falcom Corporation