ソーサリアン ロゴ
SCENARIO
イメージイラスト
■ 呪われたオアシス ■


 キアラ姫は、何を見るともなく窓の外を眺めていた。
 視界は金色の細長い線でいくつにも切り分けられていた。
 足下は宙に浮いて、まったくおぼつかない。
 そう、姫は天井から吊り下げられた籠の中にいる。
 誰もいない砂漠様式の王宮。
 窓から見はるかす街の景色にも、人の姿はない。
 動くものと言えば、広場の中心にある噴水のしぶきばかり。

 姫自身もまた動かずに座り込んでいた。
 が、広場にキャラバンがやってくると突然はじかれたように身を翻し、金の格子をつかんだ。籠から出ようと暴れ始める。

 砂埃で黄色くなったキャラバンは、今この街に着いたばかりなのだろう。
 オアシスにたどりついた者たちが一番最初に望むのは、水。
 灼熱の太陽に痛めつけられた人とラクダが、潤いを求めて噴水に飛び込む。

「飲まないで! その水を飲んではだめ!」
 キアラ姫は格子の間から腕を伸ばし、叫んだ。
 しかし、広場まで声が届くはずもない。
 果たして、噴水にむしゃぶりついていた人とラクダが身をよじりだした。
 音は聞こえなくとも、断末魔の苦しみはわかる。
 人もラクダも等しく痙攣し、喉をかきむしり、やがて動かなくなった。
 姫は、ぐったりと力を失って、へたりこんだ。
 見開いた目から止めどなく涙が落ちる。もう何度こんな場面を見ただろう。

「また現れたか。愚かな人間共め」
 呆然とする姫の足下から、しゃがれた声が這い登ってきた。
「どうしてこんなひどいことをするのです……」
 姫は籠の下へやってきた人物に問いかけた。
「砂漠は私のもの。砂漠王ルワンのものだ。
 汚らわしい人間などに足を踏み入れる資格はない」
「それだから、オアシスに毒の呪いをかけたと言うのですか!」
「気の強い姫だ。自分の立場がわかっていない」

 籠の下でルワンが何かつぶやくのが聞こえた。
 同時に、巨大な蛇が這い登ってきた。キアラ姫は悲鳴を上げる。
 蛇は格子に絡みつき、なぶるように牙を見せびらかした。
 赤黒い舌や、数珠をこすり合わすような音を立てる尾は、毒を持っている証。
 姫は狭い籠の中で逃げ回り、叫び続ける。
 やがて恐怖に耐えきれず、気を失った。

 ルワンは指先を軽く鳴らし、蛇を消した。幻影の怪物だったのだ。
 哀れなカナリヤの籠を見上げて、愚痴ともつかないつぶやきをもらす。
「怖い思いをしたくなければ、早く秘密を吐いてしまえばよいのに」
 そして、かぶりを振り振り王宮の地下へと歩いていった。
画面写真

[BACK][NEXT]

[TOP] [FEATURE] [SCENARIO] [DOWNLOAD] [ORDER] [SUPPORT]

Jump to Falcom Home Go to Mirror Site
Go to Primely Site
2000 Nihon Falcom Corporation