ソーサリアン ロゴ
SCENARIO
イメージイラスト
■ 盗賊たちの塔 ■


「本気か? あの城へ行くなんて自殺志願者だとしか思えない!」
 酒場の親父は、カウンターの上にエールのジョッキを置きながら声をあげた。
 周りで飲んだくれていた者たちも、酔いがフッ飛んだような顔でこちらを見ている。
 独り、冷静なのは彼女だけだった。
 20代も前半、あどけなさと艶っぽさが同居する唇、腰までまっすぐ伸ばした赤い髪、止まり木の上で高く組み上げたしなやかな脚。
 そんな姿とは全く不釣り合いな鈍色の鎖帷子に身を包んでいる。

 彼女はゴツいジョッキを軽々と傾け、キツいエールを飲み干した。
 汚い場末の酒場に、半端者たちの溜息が響く。
「何を考えてるのか知らないが、止しておくことだ」
 親父がお代わりのジョッキを出しながら言った。
「あの城には、悪魔が住みついてるんだ」
「聞いたわ」
 彼女は短く答えて、2杯目に唇を近づけた。
「妙な謎々を出す坊さんがいて、答えられないと殺されちまうって」
「子供だましね」
「ドラゴンだ! 昔、黒いドラゴンが城の地下に封印された!」
「その類の噂はどこにでもあるわ」
 彼女は、まくし立てられる言葉に耳も貸さず、再びジョッキを逆さにした。
「わかった、噂を信じないのは、わかったよ」
 親父は、無言でお代わりを要求する彼女の前に、3つ目のジョッキを置いた。
「けど、いろんな噂が立つには、それなりの危険があるからだ。
 あの城はな、今売り出し中の極悪盗賊団『青い風』のアジトなんだ!」
 両手を広げて力説する親父に、彼女は小さな笑いで応えた。
「ええ、それだけは本当に聞こえるわね」
 3杯目も瞬く間に干して、彼女は止まり木から降りた。
「でも、盗賊と戦うつもりじゃないわ。
 あたしが欲しいのは、ガラティーン」
「ガラ、ティー、ン……?」
 親父はオウムのように音だけを反復した。
「あとは秘密」
 彼女は止まり木から滑り降りた。

「心配してくれてありがとう」
 赤い髪が翻った。
 ほのかな甘い香りを残して、彼女は去って行く。

 扉が軋む音と同時に、そこは元通りの汚い半端者たちが集まる店に戻った。
「苦労が絶えないなあ、親父さん」
 カウンターの側にいた男が、親父の肩に、ぽんと手を置いた。
「全くだ。あれの母親は、しとやかだったんだがな……」
 親父は、空になったジョッキを片づけながら、溜息をついた。
画面写真

[BACK][NEXT]

[TOP] [FEATURE] [SCENARIO] [DOWNLOAD] [ORDER] [SUPPORT]

Jump to Falcom Home Go to Mirror Site
Go to Primely Site
2000 Nihon Falcom Corporation