ソーサリアン ロゴ
SCENARIO
イメージイラスト
■ 暗き沼の魔法使い ■


 沼のほとりでは、小悪魔のウォーターシェリーたちが喧しく騒いでいた。
 水精なのに炎を操る変な連中である。
 ドラゴン界の古老、フラジオレの手先として、様々な悪事に荷担している。

「ねえねえ、見た? フラジオレ様が連れてきた人間」
「見たよ! 若いメスでしょ?」
「頭が金色のヤツ」
「けっこうかわいいよね」
「そう? 人間なんて、かわいいかなあ。尻尾も羽もないんだよ」
「今の姿の方が、かわいかったりして!」
「今の、って?」
「知らないの? あのメス、ガマになっちゃったんだよ」
「なにそれぇ!?」
「フラジオレ様がさ。『私の妻になりたいなら、ガマになれ』って」
「そんで、ガマになったの? 素直に? 本気?」
「本気本気。フラジオレ様が変身の薬を差し出したら、ごっくん!」
「一気飲みしちゃったのかー……」
「バカだねー。でも、フラジオレ様も何考えてんのかな」
「さあねえ。あの方もお年寄りだから。ちょっとアレなんじゃない?」
「もう空も飛べなくなっちゃったし。イライラしてんのかな」
「腹いせに人間でもいじめようかって? ホントにドラゴンかしらん」
「でもでも、あの人間、どうすんのかな。ガマにしてバカにするだけ?」
「まさか。やっぱり食べるんでしょ」
「人間っておいしいのかなあ?」
「どうだろ。食べたことないから」
「俺たちにも味見させてくんないかな」
「う〜ん、フラジオレ様はケチだからなー……」
「もしかして、あの人間のことが好きなんだったりして」
「ええっ、どうして!?」
「だってさあ。このごろフラジオレ様ったら、人間のオスに化けてるんだよ」
「うそぉ……」
「いかにもメスに好かれそうなオスだよ。あのメスを喜ばせたいって感じ」
「女ドラゴンが相手にしてくれないから?」
「きゃはははは!」
「しっ、あんまり大きな声、出すなよ。噂をすれば何とやら」
「フラジオレ様だ!」
「ヤバい、サボッてたのがバレる!」
「持ち場に戻ろうぜ。ジャックの炎の番をしないと。また、どやされる……」
画面写真

[BACK][NEXT]

[TOP] [FEATURE] [SCENARIO] [DOWNLOAD] [ORDER] [SUPPORT]

Jump to Falcom Home Go to Mirror Site
Go to Primely Site
2000 Nihon Falcom Corporation