ソーサリアン ロゴ
SCENARIO
イメージイラスト
■ ロマンシア ■


「開門、開門!」
 ペンタウァ城の前。
 ロマンシア王国の旗を掲げた早馬が、蹄の音も荒々しく飛び込んできた。
 馬上では汗まみれの使者が肩を上下に揺すっている。
 衛兵たちが近づくと、使者は力が抜けたように滑り落ちた。
 その背中には、2本の矢が刺さっている。

 友国の旗を掲げた者が、このような姿で到着したとなれば、一大事である。
 物見櫓に立っていた将軍が駆け下りてきた。
 使者は将軍の腕にすがりついて、ありったけの声を絞った。
「セリナ姫が……さらわれました……!」

 セリナ姫とは、ロマンシアの第一王女にして王国の象徴である。
 可憐な少女でありながら、実は王国の平和を保つ不思議な力を持っている。
 そのセリナ姫の不在は、ロマンシア滅亡を意味するのだった。

 苦しげに掠れた息を吐きながら、使者は続けた。
「王国に……病気が……蔓延しています……」
「わかった、医者を派遣しよう」
 ペンタウァの将軍は、使者の手を握り、力強く約束した。
「……呪いが……恐ろしい呪いが……!」
「うむ、それも案ずるな。我が国には優秀な占い師がおる。
 呪いなど、簡単に消し飛ばして見せよう」

 将軍の言葉に、使者は微笑んだ。
 義務を果たせて満足したかのように目を閉じる。
 が、すぐまた両目を見開いて叫んだ。
「セリナ姫を助けてください!
 姫はアゾルバ王国に連れて行かれました!
 ……姫を、どうか!」

 使者は将軍の手を強く握った。
 やがて、痙攣していた拳がするりとはがれる。
 使者は体を弓なりに反らせ、事切れた。

 将軍は、使者の見開いた目をそっと閉じた。
 立ち上がり、四方の兵に下知する。
「勇者を集めよ! 医者と占い師もだ! ロマンシアを救え!」
画面写真

[BACK][NEXT]

[TOP] [FEATURE] [SCENARIO] [DOWNLOAD] [ORDER] [SUPPORT]

Jump to Falcom Home Go to Mirror Site
Go to Primely Site
2000 Nihon Falcom Corporation