ソーサリアン ロゴ
SCENARIO
イメージイラスト
■ 紅玉の謎 ■


 若い商人は、木々の間をひたすら走った。
 赤い目を光らせた烏が、急降下してきて背中の行李にくちばしを突き立てた。
 烏たちは次から次へと降下してきて、襲いかかってくる。
 商人は行李を放り出した。
「どうなっているんだ!?」

 平和な筈のエルフの森。
 いつも暖かな陽光に溢れ、機織りの上手なエルフたちが楽しく歌っている。
 彼は、いつもの取引に来たのだった。
 それがなぜ、こんな目に?

 走り続けると、木々の間に見慣れた緑の服が見える。
 エルフたちだ。
「助けてくれ!」
 見知った後ろ姿に安心感を覚え、若い商人は走り寄る。
 が、振り向いたエルフの目は赤い光に燃えていた。
 鋭利な短刀が、すがりつこうとした若者の眼前で空を切る。
 若い商人は慌てて後退した。
 烏たちが迫っている。
 エルフたちは歯車が軋むような声をあげて、短刀を振り回した。逃げ場はない。

「こっちじゃ!」
 目をつむった若者の首根っこを、何者かが強く引っ張った。
 突然、背後の大木の中に、体が吸い込まれる。
 若い商人は仰のけざまにひっくり返った。いつの間にか木のうろの中にいる。
 誰かが後頭部を押さえてくれていた。
「テトばあさん……?」
 それは、顔見知りの老エルフだった。
「危なかったな。このうろは、外の者たちには見えんで、安心してよいぞ」
「いったい、何が起きているの?」
 若者は起きあがりながら訊ねた。
「一週間ほど前のことじゃ。空から真っ赤な石が落ちてきてな。
 その光をまともに見たものは、エルフと言わず動物と言わず、あんな風になってしまったのじゃ。わしは、たまたま織(はた)の目を数えておったから、光を見なかったんじゃが……」

 テトばあさんは、がっくりと肩を落とした。
 若い商人は老エルフの手を取る。
「わかったよ、おばあさん。僕が助けを呼んでくる」
「しかし、外はあんな有様じゃ」
「大丈夫。さっきはちょっとドジを踏んだけど、脚には自信があるんだ」

 若い商人は、危険な森の中へ飛び出した。
画面写真

[BACK][NEXT]

[TOP] [FEATURE] [SCENARIO] [DOWNLOAD] [ORDER] [SUPPORT]

Jump to Falcom Home Go to Mirror Site
Go to Primely Site
2000 Nihon Falcom Corporation