ソーサリアン ロゴ
SCENARIO
イメージイラスト
■ 暗黒の魔道士 ■


 ロッドを構えた邪悪な者たちが、次から次へと現れた。
 八方で振り回されるロッドは、つむじ風のようで防ぎきれない。
 見通しの利かぬ洞窟の中。地面は湿り、びっしりと生えた苔に脚を取られる。
 齢70を数える魔術師オーサーには、酷な戦いだった。
 頭上から、背後から、両脇から。繰り出されるロッドの突き、払い。
 オーサーは素早く呪文を唱えて体の回りにバリアを張る。
 剣戟の苦手な魔法使いには、これしか方法はない。
 だが、物理攻撃を魔法の力だけで押さえるには、かなりの無理がある。
 堪えに堪え抜いたところで、分厚いガラスにひびが入る鈍い音が響いた。
 バリアを突き破ったロッドがオーサーの後頭部に当たる。
 そのまま何も見えなくなった。

 薄れる意識の中で、オーサーの心は半世紀前に遡った。
 友であり、良きライバルでもあったゲディスとの思い出。
 ふたりの実力は伯仲、ただゲディスの心には少しの翳りがあった。
 自己中心的で欲深い……人間なら誰もが持ちうる弱い心だが、賢きペンタウァ王は、その翳りを良しとはしなかった。
 オーサーだけが宮廷に召し上げられ、ゲディスは放擲された。
 いや、放擲されたとゲディスは感じたのだろう。
 恨みに駆られた魔法使いは禁忌の術を使った。
 民たちの心を操り、ペンタウァを滅ぼそうとした。
 オーサーは王の命を受けてゲディスに対峙した。
 そして、この手で……

 友の断末魔を思い出したのと同時に、目が覚めた。
 あちこち軋む体を起こす。痛いということは、まだ生きている証か。
「老いぼれたな、オーサー」
 聞き覚えのある声が耳朶を打つ。
 目の前には、若き日と変わらないゲディスがいた。
「……やはり、蘇っていたか」
 オーサーは鈍く痛む頭を押さえながら、ゲディスを見上げた。
「俺を封じに来たのだろう? 小賢しい奴だ。
 生憎だが、冥界の力を得た俺は、老いぼれごときに倒されたりしない。
 今度こそ復讐を遂げる。
 ペンタウァを丸ごと地底に叩き落としてやるのだ」
 ゲディスは高らかに笑った。
 冥界の色を帯びた暗黒のローブを翻し、オーサーから離れる。
 ふたりを隔てるように、天井から鋼鉄の格子が降りてきた。
 暗い洞窟の一角は天然の独房となり、オーサーを閉じこめる。

「そこで人間たちの悲鳴を聞き続けるがいい。
 おまえを殺すのは最後だ。せめてもの友情にな……」
 ゲディスは笑いながら去っていった。
画面写真

[BACK][NEXT]

[TOP] [FEATURE] [SCENARIO] [DOWNLOAD] [ORDER] [SUPPORT]

Jump to Falcom Home Go to Mirror Site
Go to Primely Site
2000 Nihon Falcom Corporation